茨城県では、原子力施設から排出される放射性物質の影響を監視する目的で、昭和52年1月からテレメータシステムを用いた常時監視を実施しています。
このシステムは、測定局で空間ガンマ線量率や排水中の放射能濃度などを24時間連続測定し、データを中央監視局に転送して監視するものです。
また、監視データは、インターネットや表示局などを通じて、県民などに広く提供されています。
あなたは0498710人目の来訪者です。